2016年熊本地震の震源近傍の強振動と活断層のズレ変位に対する建物の被害低減策

活断層近傍の建物対策として、できれば断層は避けることが望ましいが、一般に地震前に地表地震断層の位置を正確に予測することは困難である、かつ断層ズレによる地盤変状(亀裂など)は広範囲に現れる。活断層近傍でも現行の耐震基準であれば倒壊に至るような深刻な被害は避けられるが、さらに高い耐震性能(耐震等級2や3など)を付加すれば、避難する必要のないほど被害を大幅に低減できる可能性が高くなる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
久田 嘉章 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報  
掲載巻ページ:
No.15-2 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報