「平成28年(2016年)熊本地震」の概要

熊本地震では、最大震度7を観測する地震が2回発生し、大きな被害が生じた。また、M6.5の地震の後にM7.3の地震が発生し、その後、熊本県熊本地方から大分県中部にかけての広い範囲に地震活動域が広がるなど、特異な活動経過となった。これらの経験を踏まえ、地震活動の見通しに関する情報のあり方の見直しなどが行われた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
青木 元 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
地震 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報  
掲載巻ページ:
No.15-2 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報