OODAループの観点から見た緊急対応時の校長の意思決定に影響を与える要因-東日本大震災での岩手・宮城・福島県の小・中学校の事例研究-

OODAループを順調に回転させる要因としては、1.「観察」の段階では、停電の影響を受けない情報通信機器を準備する、教職員が主体的に20をする、2.「判断」の段階では、体感による情報を利用する、津波到達までの“時間”に関する事前・直後の情報を利用する、予想される津波の“高さ”に関する事前・直後の情報を利用する、3.「決定」の段階では、時間をかけてベストの選択肢を選ぶよりも、短時間でベターな選択肢を選ぶ、を挙げることができた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
藤本 一雄 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
防災体制 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学124  
掲載巻ページ:
Vol.36,No.4 
出版者:
日本自然災害学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学124