仮設住宅からの退去方針が決まらない被災者の特徴・課題-東日本 大震災における名取市の事例-

住まい再建方針が決まっていない被災者に対して,その原因を直接的に自由回答で問うた結果, 1 )再建のための資金を確保できない,2 )希望に見合う条件の物件に到達できない,3 )方針を検討することができない, 4 )現在住んでいる地域から離れたくない(学校,病院,交通,つながり), 5 )家族内での合意形成ができていない, 6 )市外で被災している,といった内容が明らかになった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
佐藤 翔輔 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学123  
掲載巻ページ:
Vol.36,No.3 
出版者:
日本自然災害学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学123 
関連URL