仮設住宅からの退去方針が決まらない被災者の特徴・課題-東日本 大震災における名取市の事例-

世帯主以外では,現在の住まい(仮設住宅)に近いか,交通・買い物・病院といった生活の便がいいか,子どもが通う学校が変わらないか,友人や知人が近所にいるか,といった周辺環境や子どもへの影響を懸念して,住まいの再建方針が決まらないことが明らかになった。特に,この傾向は,現在の職業が専業主婦である対象者に顕著であった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
佐藤 翔輔 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学123  
掲載巻ページ:
Vol.36,No.3 
出版者:
日本自然災害学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学123 
関連URL