仮設住宅からの退去方針が決まらない被災者の特徴・課題-東日本 大震災における名取市の事例-

関連する要因を統合的に分析した結果,住まい再建方針が決まっていない被災者は,借上げ仮設住宅の入居者で多く,物件を見つけ方がそのものが分からないこと,仮設住宅にいつまで住み続けられるか心配,そもそもどうしたらいいか分からず不安な状態にあることが明らかになった。借り上げ仮設住宅は,プレハブ仮設住宅に比べて,行政との関わりが希薄になっていることが予想される。そのために,借り上げ仮設住宅居住者に特化した恒久住宅への移行を促進する施策が必要になることが分かる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
佐藤 翔輔 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
住宅再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学123  
掲載巻ページ:
Vol.36,No.3 
出版者:
日本自然災害学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学123 
関連URL