仮設住宅からの退去方針が決まらない被災者の特徴・課題-東日本 大震災における名取市の事例-

住まい再建の方針について,決まっている被災者と,決まっていない被災者の間の特徴を単純に比較すると,プレハブ仮設住宅に比べて,借上げ仮設住宅の居住者が住まい再建方針が決まっていない(未決定)がやや多い結果となった。これ以外の震災前の住まいの被害程度,仮設住宅の区分(プレハブ・県借上げ民賃),家計(収入・支出など)の増減,主な収入源,家計への満足度,家族内の心配な人の有無などでは明瞭な差は確認されなかった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
佐藤 翔輔 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学123  
掲載巻ページ:
Vol.36,No.3 
出版者:
日本自然災害学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学123 
関連URL