復興スローガンは何を表そうとしたのか-東日本大震災における復 興計画を事例として-

内陸部の自治体や除染計画を策定していない自治体ほど,社会を担い手とする長期的な社会の維持可能性確保を表現した復興スローガンを提示し,逆に沿岸部の自治体や除染計画を策定した自治体ほど,行政を担い手とする短期的な居住可能性確保を表現した復興スローガンを提示しているといえる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
小林 秀行 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学122  
掲載巻ページ:
Vol.36,No.2 
出版者:
日本自然災害学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学122 
関連URL