2016年熊本地震による建物被害を対象とした深層学習による被災度分類の試み

確信度を基に地図上にマッピングを行った結果、35が多い地域や35が大きい建物については抽出できていると思われる。よって、複数クラスの被害を2種類の建物画像から推定することは可能であると考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
釜ヶ谷 悠馬 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
建物被害 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会梗概集  
掲載巻ページ:
No.41 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会梗概集