2016年熊本地震における斜め航空写真を用いた目視判読および深層学習による建物被害判別の検討

本研究では、複数の斜め航空写真を用いて被害状況の目視判読を行いその判読制度について検討した。さらに、この航空写真をCNNで学習させて、深層学習による被害判別の可能性について検討した。
航空写真による目視判読の判読精度の検討では、複数枚の斜め航空写真を使用することによって、判読精度が向上したことが確認した。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
上岡 洋平 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
建物被害 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会梗概集  
掲載巻ページ:
No.41 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会梗概集