車中避難者の駐車場利用について-熊本地震を事例として-

本研究を通して、大規模災害時には事前に指定されている公的避難所以外の場所も避難拠点となりうることが分かった。とりわけ車中泊避難者は各世帯の理由により、他の拠点と併用して生活を組み立てていることが明らかになった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
石山 紘己 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
避難行動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会梗概集  
掲載巻ページ:
No.41 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会梗概集