東日本大震災以降の地域防災計画に関する都道府県・区市の改定状況と相互関連の分析

職員の地域防災計画の改定に関する専門知識やノウハウは被災経験の有無が関係していることから、積極的に被災地に職員を派遣して災害対応の知識やノウハウを身につけることが有効であるが、同時にその経験と得られた知見を自らの計画改定等に生かすための工夫も必要であると考える。例えば、派遣の成果を単なる業務報告ではなく、所属する自治体の地域防災計画に反映させるために、次計画の改定すべき点などを指摘するなどの機会を設けることも考えられよう。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
大平 真弓 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
地域防災計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会梗概集  
掲載巻ページ:
No.41 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会梗概集