2016年熊本地震の前震・本震時に益城町の中心市街地に作用した強震動の超高密度評価に基づく震災の帯の再現

強震動シミュレーションの実施によって、一定の精度で益城町の市街地における住家被災の程度を再現可能であることを示唆するものである。なお、本稿と同様のアプローチを採用すれば、益城町の市街地に存在する三つの墓地における墓石の転倒実績(前震・本震直後)を高精度で再現できることも確認済みであり、本稿で紹介した強震動シミュレーションの適用性を改めて確認することができる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
秦 吉弥 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会梗概集  
掲載巻ページ:
No.41 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会梗概集