東日本大震災後における住宅再建地の整備状況にみる地位の災害リスク形成に関する研究-岩手県陸前高田市と宮城県気仙沼市を例に-

限られた範囲でのヒアリング調査結果ではあるが、大きな津波による被害と住宅再建という負担の大きいプロセスの中で、住宅再建者は移転先の土地の災害リスクや細かな整備方法を認識しているかは不明である。さらに行政側も急速な都市の復興や住宅再建の中で対応が遅れている状況で、土砂災害警戒区域の指定や周知、水利の設置などが十分に実施できていない。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
上田 祐司 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
住宅再建 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集  
掲載巻ページ:
No.31 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集