借上げ仮設を主体とした仮設住宅供与および災害ケースマネジメントの意義と論点-東日本大震災の研究成果を応用した熊本市におけるアクションリサーチを中心に-

仮設住宅供与については、①マーケット方式の借上げ仮設の利用、②社会的弱者に対する住宅マッチング、③補修型みなし仮設制度による住宅供給促進の3つの施策を組み合わせて被災者の仮住まいを支援することを、「仮設住宅供与の熊本市モデル」として明示し、その基本的な有効性を確認した。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
菅野 拓 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
みなし仮設 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集  
掲載巻ページ:
No.31 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集