指定避難所以外に避難者が発生した場合の対応に関する研究-2016年熊本地震における益城町の事例として-

本研究では、想定されていた以上の避難者の発生や、想定していた場所以外での避難が行われた事例の行政対応と避難先の対応状況に着目し、熊本地震の益城町における指定避難所以外の避難所・避難者の20、避難者支援に対する認識、指定避難所の支援拠点としての機能の課題を考察した。これにより、役所内の対応に当たっていたプロジェクトチームには未指定避難所の情報を統合する機能がなく情報統合が遅れ、加えて役場内での組織的な対応方針の提示と認識の共有が十分ではなく、指定避難所には支援拠点としての位置付けなされなかったことを課題として示した。また指定避難所は未指定避難所からの要望に応えるかたちで、一部支援拠点として機能を担っていたことを明らかにした。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
荒木 裕子 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
避難所 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集  
掲載巻ページ:
No.31 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集