東日本大震災における駅を中心とした復興まちづくりに関する研究-三陸鉄道を対象として-

また、26駅中2駅では鉄道運休期間中も、駅施設が被災者の「居場所」として活用され、再建の営みを支える場として機能したことがわかった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
小池 潤 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
まちづくり 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集  
掲載巻ページ:
No.31 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集