平成28年度熊本地震における福祉避難所での要配慮者の受入状況-受入開始時期と受入期間-

「高齢(自立・要支援)」は「後期長期間型」に位置する。「長期長期間型」は一般避難所・二次避難所・仮設住宅といった仮住まいでの「避難生活」の関係性が強い。長期化すると受入施設のスタッフの介護負担も増大することから、受入側の視点でみると、次の行先を早く見つけることが重要である。そのため、自宅の大きな被災または家族等支援者の不足故に自力で福祉避難所退所後の行先を確保できない要配慮者のためのサポート体制を整えるとともに、要配慮者に対応した仮設住宅を出来る限り早く建設する必要がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
岡田 尚子 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
支援団体 
カテゴリ:
要配慮者支援 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集  
掲載巻ページ:
No.31 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集