平成28年度熊本地震における福祉避難所での要配慮者の受入状況-受入開始時期と受入期間-

a)高齢者 高齢(要介護)は過半数が「1か月以内」であるが、高齢(自立・要支援)は「1ヶ月以上」と長期化する傾向にあった。
 受入期間が異なる要因は、受入種別によるところが大きく、身近な施設である「小規模多機能型居宅介護」では短期間で退所し、「障害者施設」「宿泊施設」では長期化した。「小規模多機能型居宅介護」へ避難した高齢者は、余震の大きさに耐えられずに避難し、ある程度落ち着いた段階で自宅等に戻ったと推測される。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
岡田 尚子 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
支援団体 
カテゴリ:
要配慮者支援 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集  
掲載巻ページ:
No.31 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集