平成28年度熊本地震における福祉避難所での要配慮者の受入状況-受入開始時期と受入期間-

a)高齢者「家族や支援者等からの受入依頼」または「自宅等からの移送」が早期受入に有効であり、「自治体職員からの受入依頼」「一般避難所からの移送」にはある一定のペースが存在した。
早期に移送される要因として優位なのは、「受入施設種別」が「小規模多機能型居宅介護」であること、次いで、「移送前にいた場所」が「自宅・親戚宅等」であることとなったが、「小規模多機能型居宅介護」は1施設からの回答であり、必ずしも一般化出来ない。介護度は大きく影響しなかった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
岡田 尚子 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
支援団体 
カテゴリ:
要配慮者支援 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集  
掲載巻ページ:
No.31 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集