宮城県における震災学習プログラムに関する現状分析-東日本大震災と津波災害から6年間の震災伝承の特徴-

震災学習プログラム受入れ数の減少に影響する要素として、⑤震災伝承拠点が離れた場所に複数あること、⑥震災伝承拠点がないこと、⑦「1拠点当たりの震災伝承関連施設数」が少ないこと、⑧域外からの来訪者にとって交通アクセスが良くないこと、が挙げられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
浅利 満理子 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
災害伝承 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集  
掲載巻ページ:
No.31 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集 
登録者の他の教訓(コンテンツ)