阪神・淡路大震災における建設仮設団地の空間分布に関する研究

今回の分析で、各自治体における役所の2km圏の建設仮設供給数を左右したのは、災害前に存在した空地である。日本の都市部は、部分的に空地や公園が極端に少ない場所が存在し、さらに災害脆弱性が大きい。災害発生後に活用可能な空間を都市域内にいかに埋め込んでいくか、また周辺空間とうまく機能分担を図り、全体デザインをしていくか、が課題となる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
越山 健治 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
住民 
カテゴリ:
応急仮設住宅 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集  
掲載巻ページ:
No.31 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集