阪神・淡路大震災における建設仮設団地の空間分布に関する研究

阪神・淡路大震災のような都市直下型地震における住宅被害においては、被災地域内における「インフィル型」団地が理想的である。そのため都市域内の空地整備が求められる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
越山 健治 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
住民 
カテゴリ:
応急仮設住宅 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集  
掲載巻ページ:
No.31 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集