阪神・淡路大震災における建設仮設団地の空間分布に関する研究

本研究では、阪神・淡路大震災の事例から大都市部およびその周辺地域に立地した建設仮設団地の空間分布を、従前の空間との関係において解き明かす試みを行った。その結果、建設可能用地の空間量的な問題だけでなく、所有者・用途地目による空間分布の特徴を捉えることができた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
越山 健治 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
住民 
カテゴリ:
応急仮設住宅 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集  
掲載巻ページ:
No.31 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集