災害初動期における災害廃棄物量の把握システムの構築 −2016年熊本地震でのケーススタディによる−

災害情報として震度分布,建物の情報として国勢調査に関する地域メッシュ統計,住宅・土地統計調査を用いることで,災害廃棄物量原単位により,地震災害直後に地域メッシュ別に災害廃棄物量を把握することが可能となることを示しえた.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
平山 修久 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
災害廃棄物処理 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集  
掲載巻ページ:
No.30 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集 
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)