検定制度を通じた 国際捜索救助枠組みの実効性に関する研究: ニュージーランド地震,東日本大震災,ネパール地震を例に

INSARAG が実施する IEC という検定制度が平時における決議の実施に貢献したことを示した反面,それが災害発生時には有効でなかった点について,国際災害援助の派遣または受け入れの判断には,純粋に海外からの支援が必要なのかという災害援助としての判断以外に,支援が国境を越えるという事実から,外交としての判断が加わってくることを指摘した.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
沖田 陽介 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
行政 
カテゴリ:
国際連携 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集  
掲載巻ページ:
No.30 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集 
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)