宮城県沿岸 8 市町における震災伝承事業と震災学習プログラムの現状と課題

震災伝承の実践が元々目指しているもの、その背後にある想いから外れたものになってしまっては本末転倒だが、伝え続けるための経営的課題への対応として、観光振興など他分野と一体的に震災伝承のあり方を検討すること、広域を視野に入れて柔軟で具体的な連携体制を構築していくことはいずれの地域においても重要な課題であると言える。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
浅利 満理子 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
災害伝承 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
東日本大震災特別論文集  
掲載巻ページ:
No.6 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 東日本大震災特別論文集 
登録者の他の教訓(コンテンツ)