宮城県沿岸 8 市町における震災伝承事業と震災学習プログラムの現状と課題

新しい施設の完成や訴訟などの出来事の影響によって来訪者の関心が日々変化するなか、広大な東日本大震災被災地における震災伝承の現場は、他の地域・団体の状況から孤立して在るわけでは決してなく、臨機応変な対応が求められている。この点からも、より広域を巻き込んだ議論と施策検討が必要であると言える。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
浅利 満理子 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
災害伝承 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
東日本大震災特別論文集  
掲載巻ページ:
No.6 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 東日本大震災特別論文集 
登録者の他の教訓(コンテンツ)