東日本大震災における仮住まい方式が生活復興感に与える影響についての検討-2014年名取市現況調査データを用いた傾向スコア分析から-

仮設住宅の利用者全体としては、仮住まい方式(プレハブ仮設か借り上げ仮設か)の違いが、生活復興感に与える影響については、有意な効果がないことが確認された。つまり借り上げ仮設に入居した場合とプレハブ仮設に入居した場合とで、個人の生活の再建に差はでないということである。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
川見 文紀 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
住民 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
東日本大震災特別論文集  
掲載巻ページ:
No.6 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 東日本大震災特別論文集