東日本大震災被災者の生活再建に関する検討:名取市現況調査の3年分のデータから見るまちのソーシャルキャピタルの効果

地域コミュニティが持つ社会関係の中の資源である集合財としてのソーシャルキャピタルが、被災し仮住まいを強いられいてる被災者個人の生活再建に直接的に寄与する効果を持っていることが明らかになった。その効果は、借り上げ型仮設という既存の地域コミュニティに分散して仮住まいする場合や、単身高齢という自立再建が難しい人々に対して、より顕著に影響していた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
松川 杏寧 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
住民 
カテゴリ:
コミュニティ 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
東日本大震災特別論文集  
掲載巻ページ:
No.6 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 東日本大震災特別論文集