津波由来地名の整理・分類と空間分布に関する考察-東日本大震災の被災地を対象にして

東北地方太平洋沖地震津波の浸水域において、津波由来地名が存在している町・大字の割合はわずか10%であり、津波由来地名が災害伝承、人的被害の軽減に寄与しうる範囲は、東日本大震災のような極めて大きな津波に対しては限定的であると言える。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
平川 雄太 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
津波 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報  
掲載巻ページ:
No.14 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報