平成28年熊本地震による人的被害の特徴

 2016年熊本地震に伴う犠牲者について,報道,行政機関資料,被災現場の観察などに基づく調査の結果から得られた特徴を整理すると以下のようになる。
A) 死者・行方不明者50人。阪神・淡路大震災以降の内陸直下型地震としては最大だが,家屋被害規模に対して特に多いわけではない。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
牛山 素行 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
人的被害 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学119 
掲載巻ページ:
Vol.35,No.3 
出版者:
日本自然災害学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学119
関連URL