建築・都市計画分野におけるわたしの災害復興研究と分野における深化 -東日本大震災以降の研究動向を通じて-

阪神・淡路大震災以降、災害復興において日常の都市計画事業手法の限界が指摘されてきたにもかかわらず、この 20 年強、抜本的な対策がなされず、結果として東日本大震災の課題に直面している。特に災害に関連する都市計画分野の研究で最も欠如している点であると指摘したい。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
越山健治 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
都市計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本災害復興学会誌 復興 通巻 第18 号 
掲載巻ページ:
第17 号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本災害復興学会誌 復興 通巻 第18 号
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)