建築・都市計画分野におけるわたしの災害復興研究と分野における深化 -東日本大震災以降の研究動向を通じて-

研究を通じて、建築・都市計画における「復興」は、地域社会と空間が連動しているが故に、過去の事実の積み重ねで複層的に成立していることが見えてきた。同時に災害後の環境という特殊性が持つ異質な計画ベクトルも存在し、単に日常の建築・都市計画論の枠組みだけでは解くことはできないものであることもおぼろげながら見えてきた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
越山健治 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
都市計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本災害復興学会誌 復興 通巻 第18 号 
掲載巻ページ:
第17 号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本災害復興学会誌 復興 通巻 第18 号
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)