新たな震災復興の担い手「地域おこし協力隊」の活躍と今後の期待 -熊本地震の現場から-

このプロセスの全体の中で、特に地域復興支援員に求められているのは、寄り添い型支援(足し算の支援)であり、この考え方は、協力隊にも受け継がれ、その成果が各地で見られいている。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
稲垣文彦 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
支援団体 
カテゴリ:
ボランティア 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本災害復興学会誌 復興 通巻  
掲載巻ページ:
第17 号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 日本災害復興学会誌 復興 通巻
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)