仮設住宅支援のしかた 〜復興コミュニティ・デザインの視点から〜

あすと仮設では、グループでの仮設住宅への優先入居が、コミュニティや自治の形成にとって効果的であった。また、復興公営住宅へのコミュニティでの優先入居は、仮設居住者に安心感と希望をもたらすことにもなった。これらは行政が実行する施策になるが、復興コミュニティ・デザインの視点から条件設定等さらに検討が必要であると思われる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
新井 信幸  
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
地域組織 
カテゴリ:
応急仮設住宅 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本災害復興学会誌 復興 通巻 
掲載巻ページ:
第14号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本災害復興学会誌 復興 通巻
関連URL