仮設住宅支援のしかた 〜復興コミュニティ・デザインの視点から〜

仮設住宅では、NPO等による福祉やアート等の多様な支援が展開されてきたが、それらが相互に連携する場面はそれほど多くはなかった。復興公営住宅への移行をきっかけに、10団体以上が連携および協力し合うことになったが、その連携のコーディネート役として、大学という立場が大いに期待されていることが分かった。一方、NPO等の支援団体と社会福祉協議会、行政との関係構築が今後の課題である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
新井 信幸  
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
支援団体 
カテゴリ:
応急仮設住宅 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本災害復興学会誌 復興 通巻 
掲載巻ページ:
第14号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本災害復興学会誌 復興 通巻
関連URL