仮設住宅支援のしかた 〜復興コミュニティ・デザインの視点から〜

仮設居住の期間は、居住者が自立への意欲を回復する過程でもあるが、自発的な環境改善を促す仮設カスタマイズ支援は、その一助となり得ることが分かった。また、あすと仮設では、そうした支援を経たことで、住民主体の復興公営住宅の提案へとスムーズに移行することができたと考えられる。また軒先での棚づくり等の作業は、居住者同士のコミュニケーションを促進するのに有効だった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
新井 信幸  
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
地域組織 
カテゴリ:
応急仮設住宅 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本災害復興学会誌 復興 通巻 
掲載巻ページ:
第14号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本災害復興学会誌 復興 通巻
関連URL