2016年熊本地震における益城町の建物被害の分析

益城町では帯状の倒壊被害集中域が見られたが、前震および本震による倒壊被害集中域にずれがあった。また、常時微動計測から求めた地盤のH/V スペクトル比の卓越振動数やピーク値と倒壊建物との間には明瞭な対応関係は見られなかった。なお、前震だけで倒壊した建物も存在しており、本震よりも前震による倒壊棟数が多い地域も存在した。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
杉野 未奈 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
建物被害 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.16 No.10 
出版者:
日本地震工学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)