カーネル密度推定と混合正規分布モデルによる2011年東北地方太平洋沖地震の走時分析

本研究では、著者らの特徴ベクトルを基に地震動の包絡線近似を行い、地域的な特徴と震源過程について考察を行った。加速度波形により99次元(カーネル密度推定)または2~8次元(混合正規分布モデル)に縮約することが可能であることが確認できたと共に、次元縮約した包絡線より、震源過程との関連について考察可能であることがわかった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
久世 益充 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会 梗慨集 
掲載巻ページ:
No.40 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会 梗慨集