ドローン空撮による2016年熊本地震の被害把握と3次元モデル構築

SfM手法による3Dモデル構築の際は、GCPを与える過程でモデルの精度が決まるため、精度の向上には、空撮によって倒れ込みが生じず、画像上で標定点の中心を押さえやすい模様もしくは印の標定点を使用する必要がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山崎 文雄 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会 梗慨集 
掲載巻ページ:
No.40 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会 梗慨集