ドローン空撮による2016年熊本地震の被害把握と3次元モデル構築

2016年熊本地震により発生した地表地震断層、墓石の転倒被害、斜面崩壊、被災橋梁、建物倒壊被害などを実際にUAVで空撮し、取得した空撮画像からSfM手法による3Dモデルの構築、及びオルソ画像とDSMの作成を行った。これらにより、詳細に視覚的な被災状況の把握を行うことが可能であると確認できた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山崎 文雄 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
斜面崩壊 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会 梗慨集 
掲載巻ページ:
No.40 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会 梗慨集