単点微動計測と遺伝的アルゴリズムを用いたボーリング調査地点におけるせん断波速度構造の評価 ~2016年熊本地震で被災した益城町を例として~

さらに、得られた知見を踏まえ、PS検層の非実施地点についても同様に提案手法を適用し、当該地点のせん断波速度分布を推定した。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
秦 吉弥 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地盤 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会 梗慨集 
掲載巻ページ:
No.40 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会 梗慨集