単点微動計測と遺伝的アルゴリズムを用いたボーリング調査地点におけるせん断波速度構造の評価 ~2016年熊本地震で被災した益城町を例として~

土層構成とN値からの経験的せん断波速度分布に基づく理論H/Vスペクトルを初期解群とした遺伝的アルゴリズムを、同地点において単点微動計測を行うことで得られるH/Vスペクトルに対して適用することで、類似性が比較的高い理論H/Vスペクトルを探索し、そのH/Vスペクトルが探索された際のせん断波速度分布を評価する手法を提案した。そして、提案手法を熊本県益城町の市街地で実施されたPS検層地点に適用したところ、両者が比較的良い一致を示した。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
秦 吉弥 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地盤 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会 梗慨集 
掲載巻ページ:
No.40 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会 梗慨集