東日本大震災時の東北および北関東の被災都市における帰宅困難者問題に関する考察

その特徴から、51を地域住民が入る避難所に入れることは慎重に考えるべきこと、新幹線沿線にある市町村において51対応が生じる可能性と、鉄道事業者や県の責務の存在、収容施設の代替施設の必要性が把握できた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
寅屋敷 哲也 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
帰宅困難者 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会 梗慨集 
掲載巻ページ:
No.40 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会 梗慨集