写真の表現による東日本大震災の記録の変遷 3.11キヲクのキロク:市民が撮った3.11大震災記憶の記録

分析により、被災者の記録は発災からの日数によって変化が見られる事がわかる。発災当日の「広角撮影」の多さが目を引く。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
北村 美和子 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
災害伝承 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会 梗慨集 
掲載巻ページ:
No.40 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会 梗慨集