熊本地震における益城町の指定避難所開設状況調査

ボランティア団体がテントやコンテナハウスを設置するなど新たな試みが行われた。その一方で食事・物資の調達や情報の伝達など、行政との調整上の課題もみられ、今後の避難者支援のあり方を考える上で検討が必要と考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
荒木 裕子 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
避難所 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会 梗慨集 
掲載巻ページ:
No.39 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会 梗慨集