東日本大震災被災地における復興型スマートシティの現状と課題

今後の運用段階においては、安定的な収益構造の確保や、電力事業を継続しうる運営組織体制の強化が課題になると考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
土屋 依子 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
ライフライン 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会 梗慨集 
掲載巻ページ:
No.39 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会 梗慨集