平成28年(2016年)熊本地震における道路通行止めの分析(速報)

東北地方太平洋沖地震の前面通行止め発生率関数を重ねて示す。前述したバラツキが大きい部分はあるが、計測震度4.5~6.0付近では、熊本地震の前面通行止め発生率の方がやや大きめであった可能性がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
鳥澤 一晃 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
交通 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会 梗慨集 
掲載巻ページ:
No.38 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会 梗慨集