地方自治体における被害想定の在り方について -H28年熊本地震の被害を踏まえて-

地震シナリオに対する35、人的被害、ライフライン被害等の基本的な評価項目を、自治体における毎年の定常的な評価業務をすれば、地震シナリオの変更や追加的な被害項目の評価もより円滑に実施できる可能性があると考える。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
林 孝幸 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
行政 
カテゴリ:
建物被害 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会 梗慨集 
掲載巻ページ:
No.38 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会 梗慨集